1. 블로그
  2. フランスのクリスマスの定番スイーツ・ビューシュドノエル

フランスのクリスマスの定番スイーツ・ビューシュドノエル

馬車道駅から徒歩3分の閑静な場所に隠れ家的に佇むフレンチレストラン「 リパイユ」です。

メリークリスマスですね。
今回は、世界の「クリスマス定番スイーツ」についてご紹介したいと思います。

クリスマス文化の本場、欧米諸国での食卓にのぼる定番スイーツを一部ご紹介すると

イタリアでは、オレンジピールやプラム、レーズンなど刻んだドライフルーツを混ぜ込んで焼いた、ドーム型の菓子パン【パネトーネ】

ドイツでは、生地にドライフルーツやナッツが練りこまれていて、表面には粉砂糖がまぶされている菓子パン
【シュトレン】

イギリスでは、たっぷりのナッツ、ドライフルーツ、牛脂をお酒に漬け込んだものを、小麦粉と混ぜて焼く
【クリスマスプディング】

オーストラリア・ニュージーランドでは、メレンゲでできた台の上に、生クリームと季節のフルーツで飾り付けをする
【パブロバ】

そしてフランスでは、木や切り株のような形をしているのが特徴のケーキ【ビューシュドノエル】です。

フランス語で、「ビューシュ」が木、丸太、ノエルが「クリスマス」の意味で、日本でもクリスマスケーキとして、
知名度も高いですよね。
なぜ丸太なのかというと、フランスではクリスマスの前の晩は家族皆が暖炉の前に集まってクリスマスソングを歌い、その大事な日のための暖炉にくべる薪は、一晩中燃え続けるようにと固いものが選ばれ、
一晩燃え続けたその薪の灰は、翌一年家族を守るものと、大事に保存されていたそうです。
丸太の形状は、フランスの伝統的なクリスマスの過ごし方や儀式を象徴している縁起物、といえます。

ロールケーキをチョコの生クリームでコーティングすればできるので、ぜひご家庭でもチャレンジしてみてくださいね。

☆年末年始の営業時間のご案内☆
年内は休まず営業いたします。
年始は1/4(土)より営業いたします。

ご来店・ご予約をスタッフ一同、心より お待ちしております。

프렌치 레스토랑 Repaille
〒231-0831 요코하마시 나카 구 스 미요시 쵸 6-66-1 베이 사이트 비유 횡빈 1F
TEL 045-212-5989
みなとみらい線馬車道駅 博物館出口 徒歩3分
JR線桜木町駅 徒歩5分
JR線関内駅 徒歩5分

  1. 이 기사에 대한 댓글이 없습니다.

  1. 이 게시물에 트랙백이 없습니다.

관련 기사